当院は「本気で身体を改善させたい」方を本気でサポートする整体院です!

なんでO脚が一度直っても元に戻ってしまうのか?

こんにちは

腰痛 肩こり 猫背 O脚を

根本から改善する!東京 新宿 おくがわ整体院です。

 

さて、一度直ったO脚が次の日になると元に戻っている

聞いた事ある人もいるのではないでしょうか?

つまりは本当の意味では直っていなかったのではないでしょうか?

 

特に「姿勢」の関係でO脚になっている方*O脚の原因について詳しくは当院の過去のコラムをご覧ください。

筋膜など半分構造上の問題でO脚になっている方はその筋膜をほぐせば直る訳ですが。

 

「姿勢」などは直したと言っても、半分クセのようなものですから

例えば「貧乏ゆすりは止めなさい!」と怒られた子供がしばらくは言うことを聞いてじっとしていても

しばらくしたら、何のこともなく再び貧乏ゆすりをすることでしょう。

このようなクセを直すのは実は随分と難しい事ではないでしょうか?

 

例えば「スェイバック」という不良姿勢があります。

この姿勢は以前のコラムで書いたように重心の位置の関係から「お尻」の筋肉が使いにくく

O脚になりやすい姿勢です。

 

しかし、まず「貧乏ゆすり」と同じく、姿勢を取っているご本人はこの姿勢がそもそも悪い事を知らないケースがあります。

その場合にはまず写真などでご自分の姿勢を確認していただいた後に

「その姿勢は悪い姿勢でO脚の原因となっている」ことを伝えなくてはいけません。

 

次にその姿勢が悪い姿勢であることや、このままではドンドンO脚が酷くなる、まずは姿勢を直さなきゃ

という気持ちになってきましたら。

自分の普段の姿勢のイメージを、正しい姿勢のイメージと入れ替えていく必要があります。

 

「えっ?!イメージを直すの?」と思われた人もいらっしゃるかと思います。

 

多くの人は「筋肉」「骨格」が姿勢を作ると思われると思います。

もちろん、その要素は大きいです。

ただ全てではありませんし、むしろ姿勢がなかなか治らない原因はそれ以外の部分にあると言っても良いでしょう。

また、一度直ったO脚がまた悪くなってしまい、元に戻る原因はそれ以外の要素が大きいのです。

 

「筋肉」「骨格」が姿勢を決めているとしましょう。

しかし、男性の筋肉を持ち、男性の骨格を持つ「おかまちゃん」はたくさんいますが

その多くは女の子のような姿勢で立っているのではないでしょうか?

 

そう「筋肉」と「骨格」だけが姿勢を決めるのでは無く、身体のイメージも姿勢に対して大きな影響を与えるのです。

まぁ、少し冗談半分の例えですが…あながち間違いではない例えと思います。

 

専門的には姿勢や運動を制御する時には、脳から筋肉へ指令が行くわけですが

運動野という脳の部位から筋肉に指令が発信される前に、実は「補足運動野」という身体のイメージを作る部位が興奮する事が分かっています。

つまり人間は運動を行う際には、一度脳内でバーチャルな自分のイメージを運動させてから筋肉に指令を出すことが分かっています。

 

なので、身体のイメージが間違っていたならば運動もなかなか上達しない訳です。

 

また、一度直ったO脚が元に戻ってしまう理由も同じくです。

 

「じゃあ、どうやって改善するの?」

 

では、次回はどうやって?の部分を深堀してみましょう。

 
お問い合わせ