当院は「本気で身体を改善させたい」方を本気でサポートする整体院です!

O脚矯正にも関係するお尻の筋肉の話④

こんにちは

腰痛、肩こり、O脚を整体&トレーニングで根本から改善する

東京 新宿 おくがわ整体院 院長の奥川です。

 

前回、前々回とお尻の筋肉が上手く使えない原因を探ってみました。

・上半身の位置

・筋肉のバランス(下部交差症候群)

 

今回は筋筋膜経線についてお話したいと思います。

皆様は「筋膜」という言葉を聞いた事がありますか?

最近流行っておりますので、雑誌などで一度は目にしたことある方が多いかもしれません。

この筋膜ですが、筋肉を包んでいる膜の事でしょ?と思われがちですが

筋肉を包んでいる膜の事は「筋筋膜」と言います。

実は「筋膜」という言葉の意味は広く

骨を包んでいるのは筋膜は「骨膜」

臓器を包んでいる筋膜は「腹膜」

神経を包んでいる筋膜は「髄膜」

などと呼び名を変えます。

 

筋肉を包む筋膜である筋筋膜は階層になっています。

ミルフィーユというお菓子を思い出すと良いかもしれません。

同じ階層にあり、かつ結合の強い筋筋膜は互いに影響を与えます。

それを「筋膜経線」と呼ぶ事があります。

 

筋膜経線はいくつかあるのですが、中でも「スパイラルライン」と呼ばれる筋膜経線は

脚全体を内側に捩じる働きがあるので、あまり固くなってしまうとお尻の筋肉の収縮を邪魔します。

それが原因でお尻の筋肉をうまく使えていない方もたくさんいらっしゃいます。

 

そのように硬くなってしまった筋膜経線を柔らかくするにはストレッチも良いのですが

筋膜リリースというテクニックが最適です。

 

筋膜リリースには道具を使ったもの

徒手的に行うものがありますが、やはり徒手的に行うものが効果が高くなります。

当院のO脚整体コースでも、まず筋膜リリースで筋膜経線(特にスパイラルライン)を緩め

その後にお尻の筋肉が収縮しやすい状態になってから、O脚改善エクササイズの練習を行います。

 

 

 

 


 

 
お問い合わせ