当院は「本気で身体を改善させたい」方を本気でサポートする整体院です!

腰痛、肩こり、O脚、etc なんの改善にもバランスが大切

腰痛、肩こり、O脚の根本からの改善を目指す

新宿おくがわ整体院の奥川です。

 

さて、僕が徒手療法の師と仰いでいる有名な先生が

『体が固いのが一概に悪いことではない』

『体が柔らかいことが一概に良いことでもない』

 

『体が固くても、柔らかくても、バランスが悪ければ痛みや違和感の原因になる』

 

とよく仰っていました。

 

一般的には体は柔らかければ柔らかい程良い!くらいのイメージがあります。

しかし、バランスが悪ければ柔らかすぎる人は体を痛めやすいのです。

 

例えば『ぎっくり腰』と呼ばれる外傷がありますが、これは俗称ですので

実際にはぎっくり腰の人でも、整形外科さんに行って調べてもらうと「筋膜炎」であったり「仙腸関節炎」ひどい場合なら「腰椎椎間板ヘルニア」などの診断名が付くことがあるかもしれません。

 

ですが、おおざっぱにくくるとどれも「腰の動き過ぎ」が主な原因の症状なのです。

 

力学的に脊柱のような文節状の物質は、抵抗の少ない所から動きが起こる性質があるといいます。

かみ砕いて説明しますと、背骨は動きやすいところから動く性質があります。

「ぎっくり腰」のような動き過ぎの症状が過去に一度でもあった人は、痛みが取れた後も外傷の後の組織が動き過ぎる傾向があります。

 

動き過ぎる部位の下と上は、逆に動きが悪くなる傾向があります。

 

そうすると益々損傷した動き過ぎるところにはストレスが貯まりますので、繰り返しぎっくり腰のような症状を経験するのです。*細かく説明しますと筋膜のコラーゲン繊維の瘢痕化や脊椎のローカルユニットの事前収縮の遅延、弱化などももちろん関係しますが…一般向けのblogなのでかみ砕いて説明してます。

このような繰り返す症状は、もともと体の柔らかい人の方が起こりやすいといいます。

 

僕の尊敬する先生は「柔らかすぎる人が動き過ぎの症状になった時が一番厄介」とも言っていました。

 

皆さんの周りの人でも、体は柔らかいのにいつも腰が痛いと言っている人はいませんでしょうか?

 

結構いらっしゃると思いますよ。

 

逆に前屈すると全く床に指が付かないくらいに固いのに、肩こりも腰痛も経験したことない。

という方はいませんでしょうか?

 

これも結構いらっしゃると思いますよ。

 

柔らかくても、固くても、バランスが悪ければ調子を崩すリスクは高いです。

逆に

柔らかくても、固くても、バランスが良ければ調子を崩すリスクは低いです。

 

結局のところ

身体は繋がっている、という良く聞く言葉がありますが

聞きなれた言葉だと「あぁ、それね。よく聞くやつ。俺分てるから」となりがちなので

別の言い方をしますと、身体は「みんなで担いでいるお神輿」のようなものなのです。

 

身体の部品の一つ一つがお神輿を担いでいる一人一人の人だとしますと

いくら一人一人が力持ちで運動神経が良くても、全員の息が合わずバラバラに担いでいたのでは前に進みません。

 

逆に一人一人の力は弱くとも運動が苦手でも、全員の息が合えば自由に移動します。

 

身体も一つ一つの部品が素晴らしくても(関節も筋肉も、どこも問題なくとも)バラバラに動けば身体全体としては上手く動けません。

 

逆に部品の一つが調子悪くとも、他の部品と息を合わせて動けば身体は上手に動きます。

 

背骨に関しては動き過ぎる関節が出来てしまったときは、周りにある関節の動きが悪くなっているケースが多いですから。

そのような関節をまず動かします。

 

続いて、動き過ぎている関節の過剰な動きを抑えるトレーニングを行います。(俗にいう体幹トレーニングです)

 

最後は全身をバランスよく使える動きを再学習し、局所的なストレスが新たに蓄積されないようにします。

 

健康づくりのために

 

・柔軟性を高める

・筋力を高める

 

というアプローチは間違いではないのですが

 

・バランスを整える

 

という視点も加えていただけるとより良いと思います。

 

 

 

 

 
お問い合わせ