当院は「本気で身体を改善させたい」方を本気でサポートする整体院です!

胸を張りすぎるのは実は悪い姿勢『上半身の姿勢チェックする際の基準』

こんにちは

腰痛、肩こり、O脚の根本からの改善を目指す!

新宿おくがわ整体院の院長

奥川です。

 

最近は女性のお客様で、過剰に胸を張りすぎて背中の筋肉や肩回りの筋肉が緊張してしまい

疲れを取りたいとお越しになる方が多いです。

 

そんな方に「胸を張りすぎて疲れているようですね」と伝えると「えっ!?猫背だと思っていました」という返事をいただく事がほとんど

 

O脚も反り腰も、そして猫背もですが

世間では「O脚は良くない」「反り腰は良くない」「猫背は良くない」と声高に言われますが

「O脚の基準は?」「反り腰の基準は?」「猫背の基準は?」という話は意外なくらいにされていません。

 

当院にO脚改善でお越しになった「猫背」を他の院で直してもらったというお客様も、めちゃくちゃ背中を反らしていました。

 

で、背中が辛いとおっしゃっているので「前の院で猫背の基準は教えてもらいました?」と伺うと「いや、全然聞いた事が無いです」と言います。

 

その上に「先生は施術に入る前に猫背のチェックをしてくれました?」と伺うと「特にチェックとかはしてなかったと思います。見た目の印象で判断している様子でした」

との回答でした…

 

まぁ、実際にはチェックしていたのかもしれませんが、そのように受け取られるというのも問題ある気がしますし、出来る事ならどのような基準で判断しているのか?分かる範囲で教えてあげるべきだと思います。

 

なぜなら、基準を全く知らないと良いか?悪いか?判断出来ないので

また、悪くなった時に気づかないことも考えられますし

自分にも自信が持てないと思います。(誰かに猫背と言われたら不安になる事でしょう)

 

そこで、今回は上半身の姿勢チェックをする際の基準について、私の主観ではなく医学的な文献を参考にお伝えしていこうと思います。

 

専門家のチェック法の全てを行うのは少し困難です、一人で行うのは無理な項目もありますしね

ですので、今回は自分で簡単に出来る項目だけお伝えいたします。

 

まず、胸の部分の背骨の事を胸椎というのですが、大前提として通常安静立位や座位では胸椎は後湾しているのが正常です。

女性の方など背中が少しでも丸まっていると猫背と勘違いしている方が多いです。

むしろ多少丸まっているのが正常です。

 

頸椎が前弯、胸椎が後湾、腰椎が前弯、(仙椎が後湾)する事で脊柱は全体でS字カーブを描きます。

立位で頭、背中、お尻、踵を壁に着けて立つとニュートラルアライメントでは第三胸椎棘突起(ネクタイの結び目が出来るくらいの高さ)~第十胸椎棘突起(みぞおちくらいの高さ)までが壁に接して腰部は大体手のひら一枚程度の隙間があり、頸部には指2横指程度の隙間が出来ます。

 

女性では上記のチェックをすると「背中が全く壁につかない」という方もいるのではないでしょうか?

そのような方はほぼ間違いなく背中をそらし過ぎです!

その姿勢でいると背中の筋肉は絶えず緊張を強いられるので疲れやすくなってしまいます。

 

続いて、胸をそらし過ぎている方のパッと見てわかる特徴は

「鎖骨」です。

本当は先ほどの脊柱や肩甲骨の位置でチェックする方が確実なのですが…

なかなか自分でチェックしにくいですよね^^;

鎖骨なら鏡をみながら自分でチェックできるのではないでしょうか?

 

通常は鎖骨は正面から見たときに内側より外側が少し上がっていて、全体に斜めになっています。

これが水平、もしくは逆に外側が下がっている方は肩を下げ過ぎている可能性大です。

猫背で肩が下がっている方もいらっしゃいますが、女性の場合は胸を張り、肩を下げる姿勢を意識しすぎている方が多くみられます。

芸能人では、直接お会いしたことは無いですが『剛○彩芽』さんなど写真で見る限りはその傾向があります。(ぜひ、画像をググってみて下さい)

 

次に自分でチェック出来るポイントは「肋骨」です。

鳩尾のあたりの肋骨(専門的には肋骨下角)は正面から見ると「への字」になっていると思います。

そのへの字の角度ですが、ニュートラルですと約90度くらいと言われています。

この角度は背中を反らすと通常大きくなります、ですので90度より大きいと胸(胸でも下の部分)を反らしている可能性が高いです。

 

一般の方が自分で簡単にチェック出来るのは以上です。

 

ここで注意点があります、上記のチェックをして胸を反らし過ぎているとなった方

「じゃあ、もう少し背中を丸めるようにすれば良くなるわ!」と考えるのは早計です!

 

まず、上半身は下半身の上に乗っているという性質上

下半身の影響を受けます。

 

反り腰の方などは脊柱のS字カーブが全体的に強くなる傾向がありますので、腰が強く反ると胸はバランスを取って強く丸まりやすいです。

 

今回の基準をご覧になって「猫背」という結果が出ても、上半身自体の問題というよりは下半身のバランスを取って結果「猫背」になっている可能性も十分にありますので(というか、実はほとんどの猫背がそうですが)

 

良くしたいという方はプロの方にチェックしてもらった方が確実だと思います。

 

その際にロクにチェックをしない、基準を説明出来ないという所は止めといた方が良いでしょうね^^;行ってから断るとトラブルになるので、電話での受付時に確認取った方が良いでしょうね。

 

では、また!

参考文献


 

 
お問い合わせ