当院は「本気で身体を改善させたい」方を本気でサポートする整体院です!

筋膜と柔軟性や動きとの関係

こんにちは

 

腰痛、肩こり、O脚の根本改善を目指す

新宿 おくがわ整体院 の院長奥川です。

 

当院にお越しになる方の中には腰痛、肩こり、O脚を改善したいという方以外にも

・柔軟性を高めたい

・体の動きを良くしたい

という方もたくさんお越しになります。

奥川整体院のamebloへも書きましたが、実は最近は柔軟性を改善するのにストレッチより筋膜リリースを行う事が業界では流行っています。

『姿勢や身体の使い方のクセにも関係する筋・筋膜のクセ』
https://ameblo.jp/okugawa-seitai/entry-12452221970.html #アメブロ @ameba_officialさんから

 

『筋膜って何?』という方もまだ多いかと思いますが、要は筋肉の繊維を包んでいる膜のことです。

実は解剖学的には筋肉の繊維には柔軟性と関係する要素が余りなく、実際には筋膜の方に柔軟性を改善するための要素が多く含まれているという事が最近の研究で分かってきています。

参考文献

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 拘縮の予防と治療 / 奈良勲 【本】
価格:3780円(税込、送料無料) (2019/4/5時点)

楽天で購入

 

 

ですので、最近はジムなどで

こんな事をやっている人が多くみられるようになりました。

写真はボールを使った筋膜リリースですね、ストレッチポールやグリッドローラーなどのツールも良く使われますね。

ちなみに当院ではツールの使用法も教えますが、整体施術の中で徒手的により効率良く筋膜をリリースします。

 

また、筋膜は時に動きにも強く影響します。

全身600ある筋肉を包む筋膜(正確には筋・筋膜)は全て繋がっているといわれていますが

その中でも同じ階層で結合の強い筋膜は構造的にも、機能的にも連結しているといいます。

トーマス・マイヤーズはこれを『筋膜経線』と名付けました。


 

構造的に、機能的に連結しているという事は、姿勢や動きにも影響を与えます。

 

例えば「スパイラルライン」という筋膜経線があります。

この経線で特徴的なのは短縮すると膝を内側に捩じる力が発生する事です。

 

スクワット動作などで膝が内側に入りやすくなります。

 

スクワットで膝が内側に入る事は「ニーイントゥーアウト」と呼ばれ

多くの膝関節障害の原因になるといわれています。

 

当院にも「ニーイントゥーアウト」を改善したいという方

または膝に違和感を感じている方で「ニーイントゥーアウト」を呈している方がたくさんお越しになりましたが

その多くが「スパイラルライン」が短縮していました。

 

もちろん、筋力をつけて「ニーイントゥーアウト」を改善することも出来ますが

スパイラルラインが短縮しているという事は、例えるなら「膝を内側に捩じるタイツ」を履いてトレーニングしているようなものなのです。

 

普通にトレーニングするより多くの努力を必要とするのは目に見えています。

なので、先に筋膜を緩めてからトレーニングする事を当院ではお勧めいたします。

 

・どうしても上手く出来ない動きがる

・効率良く動きを改善させたい

・早く結果を出したい

という方は運動指導はもちろんのこと、施術で関節、筋膜もほぐし

最短距離での目標達成をお手伝いをする当院

おくがわ整体院に是非お越しください。

 

 
お問い合わせ